fc2ブログ

NVIDIA Inspector

NVIDIA Inspector 1.9.7.1

NVIDIA Inspector018

NVIDIA Inspectorが1.9.7.1に更新されています。
旧バージョンからの自動更新、もしくは作者のページからzipファイルで落とせます。

今回はバグ潰しのようです。
前回指摘した起動時にOC設定部も表示されてしまうバグも修正されています。


インプットデバイス

Logicool G発表

ロジクール,PCゲーマー向け周辺機器の新ブランド「Logitech G」(Logicool G)発表。第1弾となる13製品を国内展開 - 4Gamer.net
Logitech「G700s」「G500s」「G400s」ファーストインプレッション。ゲーマー向けの新型マウスは従来製品の耐久性向上版か - 4Gamer.net

ロジクールのGシリーズが、新たにLogicool Gのブランドで展開されるようです。
私が愛用しているG700や嫁用のG300が廃版状態で今後どうなるのかと心配でしたが、G700はリニューアル、G300はリネーム状態で継続販売されるようで一安心です。

とりあえず上記の4Gamerファーストインプレッションによると、G700→G700sでは機能的にはDPI設定幅が変更された程度のようです。
スイッチの耐久性向上も謳われているようですが、これはぶっちゃけ個体差の方が大きいと思うのであまり当てにしない方がいいでしょう。
チャタリングが頻発すると言われているG700ですが、私の個体は運良く使用2年を過ぎた現在でも問題ない状態ですし、元々スイッチの寿命は個体差が全ての気がします。

見た目的には海外のリーク情報通りの塗装に変更されています。
2chではゴキのようだと大不評ですが、まぁ個人的にもあの触覚のように見える白い塗装だけでも止めるべきだったんじゃないかと思います。
どのみち旧G700はもうロジクールサポートでは在庫してないようなので、故障した場合問答無用でG700sになるんでしょうね。

なお今までクリエイティブ プロフェッショナル仕様とされていたG700ですが、今後はゲーミングマウスとして売られる事になります。
まぁこの見た目で仕事用とか言われても困るでしょう。
旧G700を仕事用に使っている人は故障した場合どうするんでしょうね…。



インプットデバイス

TK-FCK024BKのチャタリング

購入後約2ヶ月使用のエレコムの茶軸キーボードTK-FCK024BKですが、早くもスペースキーでチャタリングが起きるようになってしまいました。

通常なら早速保証交換…なんでしょうが、
・初日に(エレコムの品質管理の不備が原因とは言え)軽く分解をしてしまった
・確認はしていないが、マイクロソフトやロジクールのように交換品先送りをしてくれるとは思えない
など色々面倒になってしまったので、半年しか無い保証など吹っ飛ばして自分でスイッチ交換してみました。



まずは分解です。
TK-FCK024BK_010.jpg
底面のネジを3本外し、上蓋を取り外したところです。
ちなみに写真手前側に5個の凹部が見えると思いますが、この左右端2つがガッチリはまっており、強烈に外し辛い状態です。
私は指で外す事が出来ず、結局小型マイナスドライバーでこじ開けました。
どうせ保証は吹っ飛ばしたので、上蓋の左右端凸部2ヵ所をニッパーで短くちょん切りました。
今後はもうちょっと楽に開けられると思います。


TK-FCK024BK_011.jpg
前回も軽く書いていますが、このフラットケーブルが問題です。


TK-FCK024BK_012.jpg
底蓋に固定されてるこの小さな基板と繋がっていて、前に使っていたBLACK KNIGHTのように底蓋を楽に外す事が出来ません。
またこの基板からケーブルが直出しになっていますが、私はケーブルを背面左側出しから外れないように固定しているため、底蓋を完全分離するのは余計面倒な状態になってしまっています。
今回の目的スペースキーのスイッチはフラットケーブルの遊び分の捻りでアクセス出来るので、とりあえず底蓋分離はせずにおきました。


TK-FCK024BK_013.jpg
左側の明るい茶色のスイッチが今回TK-FCK024BKから外した茶軸、右側のくすんだ茶色のスイッチはBLACK KNIGHTから外したスイッチです。


TK-FCK024BK_014.jpg
交換後の状態です。
私の素人ハンダと元々のハンダ処理があまり変わっていないように感じます。
ご覧の通り基板にはキー印刷があるのでスイッチの位置探しは楽ですが、正直印刷が無くても底蓋が簡単に外れる構造の方が作業自体はしやすいと思います。



スイッチ交換後はスペースキーのチャタリングは治まりました。
スイッチの問題なのか製品上の問題なのか個体差なのかは分かりませんが、謳い文句にある「チャタリング防止設計」を採用とは何のことなのか正直疑問です。
自分でスイッチ交換などしたくないという方は、保証体制が良いらしいFILCOや、3年保証+(多分)交換品先送りしてくれるロジクール製品などの方がいいかもしれません。

壊れたBLACK KNIGHTにはまだ100個以上の茶軸スイッチが残っているので、私のTK-FCK024BKはチャタったらスイッチ交換、で対処していこうかと思います。



FC2カウンター
プロフィール

Sin〓CT9A

Author:Sin〓CT9A
自作PCとゲームが好きなただの自由人

マシン構成

月別アーカイブ
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ