fc2ブログ

Windows 10

Windows10 Insider Previewのテスト その1

とうとう後2週間ほどでWindowsの最新バージョンWindows10が発売されます。
マイクロソフト曰くこれが最後のメジャーバージョンアップになるとの事で、Windows8・8.1を華麗にスルーした私でも10へのバージョンアップは避けられないと考えています。

現在Windows10 Insider Previewが公開されており自由にテスト出来る状態なので、自作erらしく仮想環境では無く余り物で構成された実験機でインストール・実用環境テストをしてみました。
実験機のスペックは以下の通りです。

【CPU】Intel Core 2 Duo E8500@4.2GHz
【COOLER】Thermalright TRue Black 120
【M/B】ASUS P5E@RF化
【MEM】Corsair CM2X2048-8500C5 + Transcend TX1066QLU-4GK 計4枚8GB
【VGA】Leadtek WinFast GTX260 EXTREME+ V3
【音源】CREATIVE Sound Blaster X-Fi XtremeGamer
【LAN】P5E内蔵Marvell 88E8056
【SSD】PLEXTOR PX-64M3
【HDD】Western Digital WD3200AAKS
【FDD】MITSUMI製の黒FDD
【DVD】TOSHIBA TS-H352C
【MO】FUJITSU M2513E
【SCSI】Tekram DC-390F
【電源】ENERMAX EIN650AWT
【ケース】CHIEFTEC BX-03B-B-B/WOPS

一部かなりの骨董品が混ざっています。



実は先月から何回かBuild 10130でテストし始めていましたが、先日の3連アップデートの後ISOイメージも10162が公開されたため、改めて真っ新からインストールし直してみました。
10130の時も今回の10162も、rufusを使いUSBメモリをインストールメディアとして使用しました。
以前Windows10ではUEFIによるセキュアブートが必須になるかもしれないといった話があったようですが、とりあえず今のところはC2D+X38という年季の入った構成でも問題無くインストール可能です。

Win10システム_001

さらに最新Buildの10166にアップデートしたかったのですが、どうしても手動でアップデート出来なかったので今回は諦めて10162のままで進む事にします。

Win10_スタートメニュー_001
壁紙が古いのは10130でも使用したテストアカウントのためです。

さてWindows10ではスタートメニューが復活したという謳い文句でしたが、初めてこのスタートメニューを見た時は唖然としました。
プログラムランチャーとしての機能はまぁ復活していますが、個人的に超重要な各種システム設定へのアクセス部分がありません。
コンピューターの管理やネットワーク、ファイル名を指定して実行やコントロールパネルすらない有様です。
どうすんだこれ、と思ったら発見出来ました。

Win10_スタートメニュー_002
スタートボタンを右クリックで出てきます。
ハッキリ言わせてもらえば、この新スタートメニューの右部分 (モダンUIと言えばいいんでしょうか?) は全部要らないのでこの右クリックメニューをずらっと並べてくれ、と言いたいです。
Windows7まではスタートボタンは左クリックと決まっていたので、慣れるまで面倒そうです。
というか何故この重要な項目を全部右クリック側に隠すようにまとめたのか、決めた人間を問い詰めたい気分です。

私は8と8.1はスルーだったため、今回初めてMSアカウントをWindowsに割り付ける経験をしました。
が、とにかくこれ非常に使い辛いというか鬱陶しいです。
まず上記スタートメニューにあるようにログインアカウント名が表示されますが、これを修正しようとしても
Win10_MSアカウント_001
なんだこれ、姓と名強制入力ですか?
ハンドル名を割り付けたくても、片方をスペースとかも受け付けません。
まさか実名を入力しろと言うんでしょうか?
海外ではどうかは知りませんが、日本で実名入力とかちょっと勘弁願いたいです。


さらにこんな制限もありました。
Win10_スリープ解除のパスワード_001
自宅での自分用マシンでいちいちスリープ復帰時にパスワードなんぞ入れたくありません。
しかしMSアカウントを使用していると強制でございます。

あとコンピューターの管理→ローカルユーザーとグループではパスワードの変更は出来ません。
まぁローカルユーザーではないからと言われればそうかもしれませんが、一から十まで面倒なんだよMSアカウント。

ぐったりしたのでいつものようにローカルのビルトインアカウントAdministratorで運用することにしました。
一応書いておきますが、もちろん名前変更しパスワードを掛けています。


Win10_スリープ解除のパスワード_002
ローカルアカウントでは当たり前のように変更可能です。

※追記
当時イラッとしてて一項目見逃していました。
Win10_電源オプション_001
上記囲み文字をクリックする事により、MSアカウントでも設定変更が可能になります。
ちなみに正式版と同じと言われるBuild 10240ではビルトインアカウントでも囲み文字をクリックしないと変更出来なくなりました。

Win10_電源オプション_002
囲み文字をクリックするとシャットダウン設定も変更可能になります。


Win10_更新プログラムのインストール方法_001
新BuildのダウンロードにはMSアカウント必須な感じですが…どのみち落ちてこなかったのでしばらく放置でいいかなと。
というか、大型更新ファイルってユーザーの都合の良い時にダウンロード・更新出来ないと困るんですがね。
ぶっちゃけ10130→10162のテスト時に動かなくなるプログラムやドライバがあったので、それらをアンインストール後アップデートが望ましいのです。
しかし現状はユーザーの都合ではなくMSの都合でのタイミングでアップデートのようで、一体誰のためのOSなのかと考えさせられます


そしてビルトインアカウントのAdministratorですが…。
Windows10での新規アプリ (UWPアプリ?) を起動してみるとこんなダイアログが。
Win10_Admin制限_001

なんでこんな仕様にしたのか意味が分からないです。
目玉の新ブラウザ Microsoft Edgeもこの状態になり使用出来ません。
調べてみたところ、これはWindows8からの仕様のようです。
対処法はレジストリの変更です。

Win10_Admin制限_002

この部分を1にして再起動する事で問題なくビルトインアカウントを使用出来るようになるようです。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System]
"FilterAdministratorToken"=dword:00000001

このテキストをコピペして.regファイルを作成しダブルクリックで適用しても同じ結果になります。



とりあえず環境構築の下地作りは出来ました。
Windows10の最初の感想は、とにかく制限事項が多くて面倒臭い、です。
ただこれ実はWindows8時点での変更点というのも多いようで、さらにあの中途半端なスタートメニューすらなかった事も考えるとWindows8って本当に失敗OSだったんだなとつくづく思います。



以下はWindows10とは関係無くなる愚痴なので読み飛ばしを推奨しておきます。

最近はこの制限事項というか、企業都合のお仕着せが至るところで蔓延し、息が詰まる世の中になってしまった気がします。
日本のゲームでは、基本無料を免罪符にして以前は普通に可能だった事が制限されたり要課金要素にされたりと不自由すぎてウンザリです。
携帯電話ではカルテル3大キャリアの複雑怪奇なボッタクリ料金設定や違約金システムが頭おかしいレベルです。
スマートフォンでは標準ではあれこれ制限も多く、その制限を解除するためrootを取ると購入した個人の持ち物なのに保証が切れるとかメーカー側の勝手な言い分にウンザリです。
Windowsは3.1やNT3.51時代から使っていますが、VistaのUACでもイラッとさせられ、この8以降のMSアカウントや各種制限に至っては非常にウザイと言えるレベルです。

どれをとっても「ユーザーは何も考えずに我々の想定通りの使い方 (遊び方・契約) をしてね」という企業の傲慢さしか感じず、非常に不愉快です。
ただ現状の日本を見ているとこの企業のいいなりなユーザーも多いようで、そりゃ誠実にやるより思考停止したユーザーからお金を騙し取る方が楽でいいんでしょうねぇ…。


関連記事
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

Sin〓CT9A

Author:Sin〓CT9A
自作PCとゲームが好きなただの自由人

マシン構成

月別アーカイブ
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ