fc2ブログ

雑感色々

第9世代の新型Coreシリーズ発表

Intel,8コア16スレッド対応の「Core i9-9900K」など第9世代Coreプロセッサ3製品を発表 - 4Gamer.net
Intel、8コア/16スレッド・最大5GHzの「Core i9-9900K」など第9世代Core - PC Watch
Intel、18コアで最大4.5GHzの「Core i9-9980XE」 ~28コア/56スレッドの「Xeon W-3175X」も投入 - PC Watch

最近は新しい製品が発表されても斜に構えてみていましたが、今回は久しぶりにIntelがまともな製品を出してくれました。
メインストリームクラスで初のi9ブランドかつ8コア16スレッド、シングルのTBは最高5GHz、脆弱性も一部はハードウェア緩和策実装、そしてIvy Bridge以降途絶えていたソルダリングTIMの復活です。
正直な話海外メディアのリーク等で事前に全部聞いていた話ですが、無事正式発表された事は素晴らしい事だと思います。
まぁコア数はともかく、K付きのOCモデルでTIMがグリスとか詐欺まがいの行為がようやく是正されただけとも言えますが…。
i9にした事で価格も上げてきたという狡い事もしていますが、上にCore-Xシリーズがあるからか気違いじみた高さでもないと思うので人気になりそうです。

同時にCore-Xシリーズもマイナーチェンジしています。
こちらも全製品ソルダリングTIMという事で正道に戻ったようです。
正直去年Skylake-Xが全製品グリスTIMと聞いた時はIntelの正気を疑ったレベルでした。
ハイエンドデスクトップ系では唯一のグリスTIMになってしまったSkylake-Xは黒歴史になってしまいました。
なお新型Core-Xシリーズは残念ながら脆弱性のハードウェア緩和策は成されていないようですが、代わりに全製品PCI-Eのレーン数が44となりようやくハイエンドシリーズらしい環境に戻れたようです

このソルダリングTIM復活とHEDTの全製品PCI-E 44レーン化は、明らかにRyzen・Ryzen Threadripperを意識したものでしょう
私もサブマシンとして1台Ryzenマシンを使っていますが、絶対クロックが低い事によるシングルスレッド性能の不足以外に大きな欠点はなく、むしろ第9世代Coreシリーズ相手でもコストパフォーマンスなら依然Ryzen系の方が有利かと思います。
競争は大事だと再認識しました。



おまけで書いていなかったNVIDIAのTuringことRTXシリーズの雑感も書いておきます。
NVIDIAの度重なる愚行によりすっかりアンチになってしまったのであまり多くは書きませんが、一言で言うと「正気か?」と問いただしたい気分です。
確かにRTX2080 Tiは現在世界最速のビデオカードと言えますが、GTX1080 Tiの1.4倍前後の性能で価格が2倍ほどですからね。
そもそもTITANという特殊ハイエンドモデルならともかく、一般向けビデオカード1枚が15万~20万というのは異常だと認識するべきです。
価格が高くなった最大の理由は、ゲーマーが求めていないレイトレーシングの固定回路を抱き合わせのせいで無駄に巨大なダイになってるからなんですよね。
値段を上げたいが為に本来メンストリーム系コアのTU106に2070の名前を付けるあたりも反吐が出ます。

明らかに併売しているPascal系の方がゲーマーとしては正解でしょう。
NVIDIAの囲い込み戦略に囲い込まれたい信者は喜んでお布施するんでしょうか…。



関連記事
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

Sin〓CT9A

Author:Sin〓CT9A
自作PCとゲームが好きなただの自由人

マシン構成

月別アーカイブ
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ