fc2ブログ

雑感色々

i9-9900Kのグダグダ感

大々的な発表会時点では、Intelのメインストリーム系初の8コア16スレッドとソルダリングTIM復活により期待度MAXだったi9-9900Kですが…。
なんか色々な情報が出る度にマイナス面が浮き彫りになってきているようです。

爆熱問題
「Core i9-9900K」レビュー。デスクトップPC向け初の8コア16スレッド対応CPUは何もかも強烈だった - 4Gamer.net

10/19のi5-9600K発売時に9900Kのレビューも解禁になったようです。
さすがの性能で、ゲーミング用途のみで判断するならば現状最高性能のCPUと言えるでしょう。
しかしその代償に温度と消費電力がとんでもない事になっているようです。
i7-3930K@4.5GHzというバカ食いCPUを常用している私的には消費電力はどうでも良いんですが、ターボMAXのクロックでALLコア設定しただけで100℃に到達してしまう温度は見逃せない大問題点です。
なおこの4Gamerの記事ではMUGEN 5という中堅クーラーなのでそのせいかなとも勘ぐりましたが、次の動画中に衝撃的な実験結果が含まれていました。



この動画の4:41秒あたりです。
空冷最高クラスのnoctua NH-D15でもALLコア 5GHzは無理のようです。
当然大型空冷と殆ど変わらない冷却性能の簡易水冷では全く及ばず、本格水冷36cmラジエターでようやく実用出来る模様です。

今までのIntel CPUではターボMAXのクロックでALLコア程度ならば殆どの個体で問題無く運用出来たと思いますが、Ryzenを強く意識して8コアになったこの9900Kではかなりギリギリの設定で販売するようです。
最近IntelのK付きは純正クーラーが付属してなくユーザーが責任を持って準備してねというスタンスでしたが、まさかそれを逆手にとって本格水冷必須CPUに仕上げるとは思いもしませんでした…。


ソルダリング問題
折角ソルダリングTIMが復活したのになぜこの爆熱具合なのか…。
その答えの一つがこの記事です。

【やじうまPC Watch】第9世代Coreはソルダリング復活もOC性能は不十分。殻割り+ダイ研磨なら13.5℃低下 - PC Watch

う~ん…、どうやらソルダリング復活だからといって手放しで喜んではいけないようですね。
しかしソルダリングCPUを割ってソルダリングTIMを除去し、さらにコアも薄く削らないと最上級の冷却が性能が得られないとかハードル高すぎ…。
K付きCPUをグリスTIM時にした時も手抜き感が半端ありませんでしたが、未だに手抜き癖は直ってないようです。
結局のところ高値なK付きCPUなのに破壊行為を施さないと殆どOC出来ないという部分は以前と同じという事です。

まぁ個人的には8コアを冷やすにはヒートスプレッダの面積も足りないんじゃないかという気がします。
LGA115x系ではもう物理的に無理なのかもしれません。
RyzenのAM4もヒートスプレッダの面積は大して変わらず、4GHzオーバーするとかなり冷却が厳しくなるので冷却面で考えるとHEDT系の大型CPUの方が有利なのかもしれません。


商品出荷問題
とりあえず爆熱問題は抱えていてもゲーム向けCPUとしては現状最速なので購入希望者は多いようです。
しかしここでも大きな問題が出ています。

「9900Kは27日になりました」(10/13)・・・複数ショップ店員談 - エルミタージュ秋葉原
「さらに延期・・・」(10/24)・・・複数ショップ店員談 - エルミタージュ秋葉原

当初9900K~9600Kまで19日に同時発売予定だったようですが、2回も変更し未だに9600Kしか発売されていません。
そして現在予定の11/2にもかなり怪しい模様です。
ただでもここ最近急激に色々なIntel CPUが品不足になっていますが、それに加えかなり無理した設定のCPUである9900Kと9700Kは世界的にも殆ど出荷出来ていないのかもしれません。
20年以上自作をしていますがIntel CPUがここまで品不足なのは初めての経験です。

ASCII.jp:あと1年は14nmプロセスのCPU供給不足が続く インテル CPUロードマップ (1/3)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情

ここによると下手をすればあと1年ほどこの品不足が続くかもしれないとの事で、明らかな異常事態ですね。
Intelにとっては10nmの失敗+Ryzenショック+次々に発覚する脆弱性という未曾有の危機なのかもしれません。



最初9900Kの仕様を視た時はかなり惹かれましたが…。
この有様ではそもそも入手出来ないでしょうし、入手出来ても空冷では冷やせないという大問題が立ちはだかります。
メインマシンはもう発売後約7年なi7-3930Kですが、今でも個人的に使用に耐えているのはひとえにPCI-E 3.0対応 (非公式だが問題なく使用可能) という部分が大きいと感じています。
それを踏まえ次はPCI-E 4.0対応プラットフォームをと考えている事もあり、メインマシンが急死などない限り様子見の予定です。



関連記事
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

Sin〓CT9A

Author:Sin〓CT9A
自作PCとゲームが好きなただの自由人

マシン構成

月別アーカイブ
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ