fc2ブログ

クーリングパーツ

noctua NF-A14 PWM

サブマシンのリアファンの異音が酷くなってきたので交換しました。

ある程度の風量を確保しつつ静音性を求めるならやはりnoctuaが鉄板なので、今回は素直にNF-A14 PWMを選択しました。
サブマシンのケースはCORSAIR Obsidian 550Dで、今まで使用してきたファンはCRYORIG QF140 Performanceです。



NF-A14_PWM_001.jpg
箱表面です。
今回もサイズが代理店ですが、相変わらずメーカー6年保証が代理店2年保証に劣化されてしまうのは日本の自作業界の問題点ですね。



NF-A14_PWM_002.jpg
箱裏面です。
日本語も書かれています。
そのすぐ左に6 YEARS WARRANTY (6年保証) の文字が見えます。



NF-A14_PWM_003.jpg
表面のマジックテープを外すとこのように開きます。



NF-A14_PWM_004.jpg
裏面も開きます。
ファンでここまで凝った箱は初めてです。



NF-A14_PWM_005.jpg
全内容物です。
残念ながらネジはシルバーの普通の木ねじですが、多分シリコンゴム系のVibration-Compensatorが付属しています。
付属ケーブルはいつもながら豪華です。



NF-A14_PWM_006.jpg
ファン本体です。
特徴的なnoctuaカラーとSSO2ベアリングやメタルベアリングシェル等を使用した堅実なファンです。



NF-A14_PWM_007.jpg
付属ケーブルです。
左からLow-Noise Adaptor、4-Pin Y-Cable、30cm Extension Cableです。
相変わらず付属品も豪華仕様なので、この辺も考慮するとnoctuaファンは意外にお買い得と言えるかもしれません。



NF-A14_PWM_008.jpg
取り付けるとこんな感じです。
NF-A14 PWMには数百円高で真っ黒 + カラフル防振パッド付き (付属ケーブル無し) のNF-A14 PWM chromax.black.swapがありますが、私はnoctuaカラーを既に使用中なので通常版にしました。
ちなみにこのフレーム部の薄いベージュは暗闇では近くのLEDを薄ら反射し淡く見えるので、マザーやメモリのLEDを光らせる方はchromax.black.swapより通常版の方が華やかな感じになると思います。
最近はnoctuaカラーに慣れた事もあり私はこっちの方が好みです。



NF-A14_PWM_009.jpg
ファン本体に直付のケーブルは20cmなのでこんな感じです。
付属のExtension Cableは30cmなので50cmまでは伸ばせます。
C6Hはリアファン用端子がこの位置にあるので全く問題ありませんが、マザーによっては更に延長ケーブルが必要なこともあるかもしれません。



簡単にQF140 Performanceと比較してみました。
OCCT データセット(小) AVX2という定番のOCCT最高の超負荷時を5分程度の温度です。
CPUクーラーは上記写真の通りNH-D14 SE2011をNM-AM4でマウントしています。


QF140P_001.jpg

QF140P_002.jpg
2700Xが80.5℃ですが、QF140 Performanceは最高2,163rpmという高回転状態です。
ちなみにQF140 Performanceの公称は1,850rpmなので+10%より高い回転数です。
そのためかかなりの風音と時折キュルキュル軸音が響く状態です。



NF-A14_PWM_010.jpg

NF-A14_PWM_011.jpg
NF-A14 PWMでの結果です。
2700Xの温度は残念ながら0.25℃高いようですが、NF-A14 PWMは最高1,592rpmという状態です。
まぁ回転数は確かに500rpm以上違うせいもあるんですが、騒音的には劇的に静かになりました。
嫌な軸音も全く感じません。

さすがnoctuaです。



現在メインマシンのリアファンにはCRYORIGのQF120 LED Performanceを使用しています。
公称値で最高2,200rpmにもなる12cmファンですが、こちらはキュルキュル鳴きは無いので特に苦痛はありません。
風音はそれなりにありますが、耳に付く高温がなければ私的にはそれほど気にならないようです。

しかしQF140には懲りたので今後はCRYORIGのファンは候補外の可能性が高いです。
ちなみにLEDファンではしばらくCORSAIRのSP系を使用してきましたが、2~3年程度でいくつか軸音が鳴り始めたのでこちらも品質的には微妙品かと思われます。
ここ最近は性能が必要な重要部分ではnoctua、吸気やHDD用の緩め部分は価格と見た目でサイズのLEDファンを選んでいる感じです。




Amazon.co.jpでnoctuaを検索


関連記事
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

Sin〓CT9A

Author:Sin〓CT9A
自作PCとゲームが好きなただの自由人

マシン構成

月別アーカイブ
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ