fc2ブログ

クーリングパーツ

noctua NF-A12x25 PWM + NF-A14 PWM

メインマシンのリアファンに使用中のQF120 LED Performanceがとうとう異音を出し始めたので交換しました。

私のシステムは基本的に大型空冷ツインタワーを使用するので、ケース内からの排熱は非常に重要です。
今回はLEDを諦める代わりに現在考えうる最高の12cmファンであるNF-A12x25 PWMにしてみました。
ついでにトップの排気ファンもCorsairのSP140-WLEDからNF-A14 PWMに交換しました。

NF-A12x25_011.jpg

この2つのファンは、すでにメインマシンのNH-D15Sの追加ファンとサブマシンのリアファンとしてどちらも購入・使用中の製品なので、細かい写真は省略します。

noctua NH-D15S + NF-A12x25 PWM 購入 | 気まぐれ自作er日記
noctua NF-A14 PWM | 気まぐれ自作er日記

上記記事で紹介済みです。



NF-A12x25_012.jpg
設置するとこんな感じです。
この一画だけnoctuaカラーが増殖していますが、私的には一周回ってしまったので寧ろこの色が好みになっています。
まぁ性能を重視しなくていい部分は安くて光るファンで十分ですが。

リアファンのNF-A12x25 PWMは直付けの短いケーブルのみで問題なくC8HのCHA_FAN1端子に届きます。
トップのNF-A14 PWMは付属の30cm Extension Cableを接続して裏配線側で接続しています。



変更前後での温度変化を調べてみました。
CPUに最高の重負荷を掛けるために、OCCT 7.0.3をOCCT・データセット(小)・AVX2のオプションで10分ほど実行した状態です。
室温26℃の状態です。

NF-A12x25_013.png
QF120 LED Performance + SP140-WLEDの状態です。
最高消費電力は175Wを超える状態で、最高温度は87.8℃になりました。



NF-A12x25_014.png
NF-A12x25 PWM + NF-A14 PWMの状態です。
最高消費電力は176Wまで達している状態ですが、最高温度はわずかに低い87.1℃になりました。

ちなみに今回の個体はNF-A12x25 PWMは2100rpm台、NF-A14 PWMは1400rpm台でした。
NF-A12x25 PWMは1個目とかなり近く、流石お高いだけあって精度もかなりいいようです。
NF-A14 PWMはサブマシンで使用中の個体より100rpm位低いですが、公称値まであと20rpmもないので特に不良というわけではなく1個目が回転数高めなだけだと思います。

QF120 LED Performanceと比べてNF-A12x25 PWMは100rpm程回転数が低いですが、冷却性能は負けていないようです。
まぁSP140-WLED → NF-A14 PWMも効いているのかもしれませんが。

私の場合当たり前のように負荷時には全開させるので無音というのは不可能ですが、全開しても全く不快な高音混じりの音がないのは流石noctuaです。
私的には常時全開でも耐えられるレベルです。



サブマシンで使用中のNH-D14 SE2011は未だに付属していたNF-P14 PWM & NF-P12 PWMです。
CPUクーラーのファンなので全開になることも多いんですが、今も全く不快な異音はありません。
価格は高めで色はunkoと貶される事も多いnoctuaですが、8年間使用しても全く問題ない耐久度・不快感のない動作音・十分な冷却性能など、見た目ではなく性能で選ぶならやはり最高峰のファンだと思います。


 

Amazon.co.jpでnoctuaを検索


関連記事
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

Sin〓CT9A

Author:Sin〓CT9A
自作PCとゲームが好きなただの自由人

マシン構成

月別アーカイブ
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ