fc2ブログ

DxO PhotoLab

DxO PhotoLab 6.4 アップデート

DxO_033.jpg

New DxO PhotoLab 6
RAW現像ソフト DxO PhotoLabのWindows版が6.4にアップデートされました。

リリースノート:Windows
変更点などはここに書いてあります。
6.4分を抜粋します。

DxO PhotoLab 6.4 の新機能
新機能
• DeepPrime XD を Fujifilm X-Trans カメラで使用できるようになりました。
• DxO PhotoLab は、当初 Nikon Z9 カメラで導入された Nikon 高効率 RAW 形式に完全に対応しました。

新しくサポート対象に追加されたカメラ
• Panasonic Lumix DC-TX2D (DC-TZ200D, DC-TZ202D, DC-TZ220D, DC-ZS200D, DC-ZS220D)
• Panasonic Lumix DC-ZS80D (DC-TZ95D, DC-TZ96D)
• Panasonic Lumix G99D (DC-G90D, DC-G91D, DC-G95D)
• Panasonic Lumix S5II

バグ修正
• 部分調整ツールで編集する際に、マウスを (文脈的に「と」だと思います) トラックパッドを同時に使うとクラッシュする問題を修正しました
• 外部アプリで画像を編集して保存した後に、PhotoLab がデッドロックする問題を修正しました
• 微細なバグ修正および改良

サポートフォーラムによると、今回新たに対応したレンズは以下です。
・Canon RF 135mm F1.8L IS USM
・Nikkor Z 100-400mm F4.5-5.6 VR S
・Nikkor Z 100-400mm F4.5-5.6 VR S with Z TC 1.4x
・Nikkor Z 100-400mm F4.5-5.6 VR S with Z TC 2x
・Nikkor Z 17-28mm F2.8
・Sigma 16mm F1.4 DC DN | C - Fuji X
・Sigma 24mm F2 DG DN | C (C021) - Sony FE
・Sigma 30mm F1.4 DC DN | C - Fuji X

なお4月の更新では以下のカメラとレンズに対応予定のようです。
・Canon R8
・Canon R50

・Canon RF 24-50mm F4.5-6.3 IS STM
・Canon RF-S 55-210mm F5-7.1 IS STM
・Nikkor Z 26mm F2.8
・Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS S
・Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS S with TC-1411
・Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS S with TC-2011
・Sigma 18-50mm F2.8 DC DN | C
・Sigma 20mm F2 DG DN | C
・Sigma 35mm F2 DG DN | C



PL6発売当時から予定されていたFujifilm X-TransカメラでのDeepPrime XDがとうとう可能になりました。
Nikon 高効率RAW形式にも対応したようです。

今月分のLumix S5II対応も早かったですが、来月対応予定のCanon R8は凄まじい早さですね。
そもそも発売予定日が4月下旬なんですが、驚異の発売日当日からサポートという事態になるんでしょうか。
センサーとエンジンだけは優秀だと思いますが、他が価格に対して全く見合ってない超絶手抜き機種に随分手厚いサポートですね…と思いましたが、海外ではR7と同じ1500ドルなので日本よりボッたくり度が軽く割りと人気があるのかもしれません。
DxOもフランスの会社なので海外で人気の機種が優先されるでのでしょう。

なお今回の3月度アップデートと同時にPureRaw3が発売されたようです。
DxO PureRAW - RAW ファイルのすばらしさを 引き出す

Lightroomなどの「メインは他のRAW現像ソフトだがDxOのノイズ除去や補正機能を使ってみたい」という方向けのPureRAWの最新版です。
PhotoLab 6と同じDeepPRIME XDが使用可能になりました。
PL6は機能的に完全上位互換なので、私のように他の有料RAWソフトを使っていない人間は素直にPL6を購入した方がいいでしょう。



今回のアップデートで「微細なバグ修正および改良」に含まれているうちの一つが、RF15-30 STMの光学モジュールの修正です。
私がDxOに報告していた不具合で、約3ヶ月掛かりましたが無事修正されました。

参考までに、とある観光地での写真です。
RF15-30 STMで15mmでの撮影です。

DxO_034.jpg
リファレンスであるDPP4で現像した写真です。



DxO_035.jpg
PL6で先月までの光学モジュール (旧モジュール) での現像写真です。
右下部分に謎の上向き歪みがあります。



DxO_036.jpg
今月修正された光学モジュール (新モジュール) での現像写真です。
一目瞭然で右下の謎の歪みは修正されています。

なおこの右下の謎歪みは焦点距離15mmの最広角付近のみで、旧モジュールでも20mm位から上の焦点距離では問題ありませんでした。

あと実は旧モジュールだとDPP4での現像写真に対して15mm付近では左右だけ広い画角になっており、それを3:2のアスペクト比写真に押し込まれることにより比率が狂って僅かに横が圧縮された画像になっていました。
新モジュールではその辺もかなり改善されており、上記例ではDPP4現像写真からは上下左右ともに広い画角になりアスペクト比的に問題の少ない写真になっています。
ただ残念ながらこの上下も広くなるというのはRF15-30 STMでの全ての写真ではなく、一部の写真ではまだ僅かに横圧縮気味になってしまう写真もあるので、強めの歪曲補正必須の安レンズはなかなか難しいようです。

いずれにせよ謎歪みはなくなった事により、RF15-30 STMでの写真も安心してPL6で現像出来るようになりました。


Amazon.co.jpでフルサイズ ミラーレスを検索
Amazon.co.jpでAPS-C ミラーレスを検索
Amazon.co.jpでマイクロフォーサーズ ミラーレスを検索


関連記事
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

Sin〓CT9A

Author:Sin〓CT9A
自作PCとゲームが好きなただの自由人

マシン構成

月別アーカイブ
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ