fc2ブログ

DxO PhotoLab

DxO PhotoLab 6.5 アップデート

DxO_037.jpg

New DxO PhotoLab 6
RAW現像ソフト DxO PhotoLabのWindows版が6.5にアップデートされました。

リリースノート:Windows
変更点などはここに書いてあります。
6.5分を抜粋します。

DxO PhotoLab 6.5 の新機能
新しくサポート対象に追加されたカメラ
• Canon EOS R8
• Canon EOS R50

バグ修正
• フランス語キーボードで「Alt Gr」キーを使った場合の問題を修正しました
• 特定のケースで、クロップツールを再度開いた場合にクロップ領域が変わる問題を修正しました
• 「Alt+Numpad」ショートカット動作を使用した場合の問題を修正しました
• DCP カラーレンダリングを適用すると、黒いクリッピングが生成されなくなります。 黒レベルをさらに調整するには、[選択的トーン] パレットで黒スライダーを使います。
• 微細なバグ修正および改良

最適な状況でソフトウェアを利用し、問題を回避するため、アップデートを行う際には毎回、GPUのドライバーもアップデートしてください。


サポートフォーラムによると、今回新たに対応したレンズは以下です。
• Canon RF 24-50mm F4.5-6.3 IS STM
• Canon RF-S 55-210mm F5-7.1 IS STM
• Nikkor Z 26mm F2.8
• Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS S (L-mount)
• Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS S with TC-1411 (L-mount)
• Sigma 150-600mm F5-6.3 DG DN OS S with TC-2011 (L-mount)
• Sigma 18-50mm F2.8 DC DN | C (Fuji X)
• Sigma 20mm F2 DG DN | C (Sony FE)
• Sigma 35mm F2 DG DN | C (Sony FE)
• Sony FE 20-70mm F4 G

5月にサポート追加予定のカメラとレンズは以下です。
• Hasselblad X2D 100C
• Fuji XF 56mm F1.2 R WR
• Nikkor Z 85mm F1.2 S
• Leica APO Summicron SL 75mm F2 ASPH
• Leica Vario Elmarit SL 24-70mm F2.8 ASPH
• Sigma 60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS (L-mount)
• Sigma 60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS with TC-1411 (L-mount)
• Sigma 60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS with TC-2011 (L-mount)

6月にサポート追加予定のカメラとレンズは以下です。
• DJI Mini 3
• DJI Mavic 3E
• OM System M.Zuiko Digital ED 90mm F3.5 Macro IS PRO
• Nikkor Z 800mm F6.3 VR S
• Nikkor Z 800mm F6.3 VR S with Z TC 1.4x
• Nikkor Z 800mm F6.3 VR S with Z TC 2x
• Panasonic Leica DG Vario-Elmarit 12-35mm F2.8 ASPH
• Panasonic Lumix S 14-28mm F4-5.6 MACRO
• Samyang AF 24mm F1.8 FE
• Samyang AF 45mm F1.8 FE
• Samyang 135mm F2 ED UMC FE



前回書いていたように、EOS R8の対応が驚異の発売日前対応になりました。
海外での発売日は全く調べていないので知りませんが、少なくとも日本では明日4/14に発売なので初日からPL6で現像出来ることになります。
まぁセンサーとエンジンであるDIGIC Xは基本的にR6 Mark IIと同じらしいので、流用出来た部分が多かったのかもしれません。
私的には、ハード的な追加費用が掛からないにも関わらず電源オフ時のシャッター幕でのセンサーダスト防塵機能を削除しているのが滅茶苦茶気に入らない事もありR8は欲しいと思いません。
機能限定されたエントリー機にしては高過ぎですしね。

今回の更新内容の最後にGPUのドライバ更新をしてくれとわざわざ追記されていますが、古いバージョンのドライバで何か問題でも起きたんでしょうか。
私自身はそれなりに更新していますが、NVIDIAも最近は鉄板ではないため時々様子見したくなるバージョンがあります。
AMDではもっと酷く、最近では23.4.1をインストール後にブートループやBSoDが発生する環境もあるとか…。
私はメインの趣味が自作PCなのでこの辺の対応は可能ですが、カメラのために仕方なくPCを触っているような方だと厳しいかもしれません。

まぁ以前も書きましたが、このDxO PhotoLabというソフトはエントリークラスのカメラやレンズであればあるほど恩恵が高く、一方看板機能のDeepPrimeやDeepPrime XDを使用し快適に現像するためのPC環境としてはGPU性能が最重要なのでPCに疎い方には割と敷居が高いと言えます。
はっきり言えば、5万とか10万とかするGPUを購入する資金があるならレンズに投入する、という方には向きません。
そういう方はこのようなソフトに頼らず、思う存分高額レンズに資金を集中して光学性能を追求した方が幸せになれるでしょう。
時間が掛かってもCPUで処理すればいい という考えの方もいるでしょうが、DeepPRIME XDでの現像だと12コア24スレッドのRyzen 9 5900XでもRTX 3080に対して20倍以上時間が掛かるので私だったらとても運用する気にはなれませんね。


Amazon.co.jpでフルサイズ ミラーレスを検索
Amazon.co.jpでAPS-C ミラーレスを検索
Amazon.co.jpでマイクロフォーサーズ ミラーレスを検索


関連記事
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
FC2カウンター
プロフィール

Sin〓CT9A

Author:Sin〓CT9A
自作PCとゲームが好きなただの自由人

マシン構成

月別アーカイブ
検索フォーム
コンタクト

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ